失敗しない投資

洋風のリビングとブラインド

収益不動産とは、その不動産を賃貸するなどして賃料を得ることつまり「収益」を得ることが目的に所有する不動産です。 収益不動産には、いくつもの種類があります。住む家を貸す借家、事務所を貸すテナント、他に貸し倉庫や駐車場も収益不動産といえます。 しかし、あくまで「賃料」を目的に不特定多数に貸し出す収益不動産は、借り手がいなくなると賃料収入が減少してしまうリスクが伴います。また、建物を貸す場合は、年々建物が劣化し収益率も低下するリスクがあります。 しかし、定期借地権で土地を貸せば、安定した賃料収入が約束され、また土地は劣化しないので、収益率や不動産価値の低下のリスクも皆無といえます。 よって、最も低リスク名収益不動産は貸し土地であるといえるのでないでしょうか。

収益不動産とは、不動産を賃貸する等によって賃料等の収益を発生させる不動産物件の総称です。収益不動産には、駐車場のような土地を貸すタイプや、テナントビルや賃貸マンション、倉庫等、建物を貸すものがあります。 収益不動産の購入のポイントは、その物件の売買価格に対して、年間でどれだけの賃貸収益(収入)があるかどうかの比率である、収益率がどの程度高いかを確認することです。当然、この収益率が高いほど、お買い得物件であるといえます。 また収益不動産は、収益率の他に、その物件自体の残存耐用年数の確認も必要です。土地は基本的に劣化しませんが、建物は年数を経る毎に劣化します。鉄筋コンクリート造の建物が一番耐用年数が長く、逆に木造建築は耐用年数が短いとされています。