デザインに納得できる

一戸建てと道

住宅は、大きく分けると、完成してから販売されるものと、設計図を作る段階から施主が関わって建築されるものがあります。完成してから販売されるものは、建売住宅と言われます。特徴は、購入後、すぐに入居し、生活を始めることができること、そして、大量生産によって価格が割安にできることなどがあります。設計段階から施主が関わり、購入後に建築される家を注文住宅と言います。名前の通り、施主の注文に従って建築される住宅です。注文住宅の特徴は、施主の希望にそった家が建つという点です。リビングやキッチン、書斎など、好きなように設計をし、こだわりぬいた家を建てることが可能です。建売住宅に比べると費用はかかりますが、自分の好きな家に住みたいという場合には、注文住宅の方が適していると言えます。

注文住宅は、さらにいくつかの種類があります。一つは、ハウスメーカーなどで提供している住宅です。設計や材料などはある程度決まっていて、その中から好きなものを選んだり、アレンジできる部分を好きなようにするという方法で建てられます。このような注文住宅は、ある程度の制限があることを我慢することで、建築コストを抑えることができるというメリットがあります。ハウスメーカーなども、さまざまな間取りや種類の住宅パターンを用意することで、施主の意向に近い住宅を建てることができるように工夫しています。もう一つの注文住宅としては、完全に自由に設計、建築する住宅があります。この場合には、自分で設計や材料選びなど、自分の好きなようにすることができ、理想の住宅を建てることが可能です。ただし、注意点としては、こだわり過ぎて、予算オーバーをする危険があります。また、希望と違うといったトラブルを防ぐために、工務店や建築会社などと入念に打ち合わせをすることが必要です。